読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふぁんふぁんゲームブログふろむそらりん

ゲームを愛するそらりんのブログです。楽しくおもしろくゲームの日記を書いていきます!

ドラクエ7!第1回《冒険までが長い…》

ドラゴンクエスト7

ドラクエ7がセールをやっていたのでスマホ版を購入しちゃいました。

ドラクエ7はプレステのソフトの時以来なので、楽しんでやりたいと思います!

 f:id:sorarin320:20161105222017j:image

 

 

レッツプレイ!

大海に浮かぶ世界にたった1つの小さな島エスタード。平和な島での生活に飽きた2人の少年が打ち捨てられた小舟を見つけた。

海の向こうにはなにがあるんだろう?どうにかして小舟をなおせば外の世界を見に行けるかもしれない。

そんな少年達の小さな好奇心がこの世界に隠された謎に挑む大冒険の始まりだった。

 

ってことで、さっそく始めようと思います。

まず思ったのがかなり画質がいいですね。

プレステの頃と比べるとかなりすごい画質デス。(そもそもプレステと比べるのが間違い笑)

んで、カクカク動きからぬるぬる動きへの大進化!

普通にプレイしたいところですが、いちドラクエファンとしては久しぶりのドラクエ7を隅々まで遊び尽くしたいので、物語を楽しみがらなおかつやり込みながら進みめていきたいと思います!

 

では続きです。

キーファと主人公の秘密の冒険をマリベルにバレてしまいました。

「一体なにをしているの?!」問い詰めてくるマリベルをなんとかごまかした主人公。

そのマリベルから明日は年に一度のアミット漁の日だから早めに寝たほうがいいと教えられます。(なかなかマリベルはいい子ですね。根はやさしいので嫌いじゃないです)

 

翌日。主人公の住んでいる村フィッシュベルは年に一度行われるお祭りでアミット漁の日。

寝坊しそうだった主人公は母親のマーレの声で目を覚まします。

f:id:sorarin320:20161104230145j:image

家の外に出ようとした主人公はマーレから声をかけられます。どうやら頼みごとがあるよう。

港にとまっている、アミットの船に乗る父親のボルカノへ弁当を届けて欲しいとのこと。

 

ボルカノに手渡しで弁当を渡した主人公はボルカノから出航前の手伝いをするように言われた。(袋とかに入れずに手渡しとは…)

f:id:sorarin320:20161104230212j:image

まずは船の奥にある船倉の掃除をすることに。

船倉へ向かうと、なんとマリベルがタルの陰に隠れていました。(バレバレですね笑)

f:id:sorarin320:20161104230514j:image

漁に連れて行って欲しいと船員に頼み込んだマリベルでしたがあっけなく断られました。

怒ったマリベルは主人公に八つ当たりをして外へ飛び出していってしまった。

f:id:sorarin320:20161104231147j:image

漁に出る船を見送った後、村の中にいた城から来た兵士に呼び止められる主人公。

王様が主人公と、話をしたいそうだ。

急いで村の北にあるグランエスタード城に向かう主人公。

 

城へ向かうと、キーファに呼び止められました。城の中で怪しい古文書を見つけたらしい。

古文書には、島の南東に復活の神殿と呼ばれるものがあると書かれていたのです。

キーファを、それを探しに城を出て行きました。

f:id:sorarin320:20161104232416j:image

グランエスタード

 

城の王座の間に到着すると、バーンズ王が怒った様子でキーファを探していました。

どうやらキーファは王妃の形見の指輪を勝手に持ち出してしまったらしい。

f:id:sorarin320:20161104232701j:image

 年頃になっても落ち着かないキーファに主人公からも王子らしく振舞ってくれと頼むようにいった王様は疲れ果てたように玉座に座りました。

 

禁断の地に足を踏み入れると、先に到着していたキーファが主人公がやってくるのを待っていました。

f:id:sorarin320:20161104232544j:image

古文書に記されている太陽と関係すると思われる王家の指輪を賢者の像にはめたがなにも起こりませんでした。(キーファが得意げに見せたのになにも起こらない笑)

f:id:sorarin320:20161104232548j:image

f:id:sorarin320:20161104232551j:image

どうやら古文書に書かれていることを全て読み取らなければならないらしい。

城下町の崖っぷちのじいさんなら古文書を読めるかもとのことなので、向かうことに。(てか、崖っぷちのじいさんて…いろんないみでがけっぷちなのかな笑)

 

 キーファとともにじいさんのところへいき古文書を解読してもらうと、どうやら古文書に記された絵の輝きは太陽とは関係がないらしい。

f:id:sorarin320:20161105000156j:image

祈ることで道が開かれるとのことなので、さっそく向かう2人だったが、キーファが兵士に連れていかれてしまう。

f:id:sorarin320:20161105000202j:image

散々王様に説教を食らったキーファは夜に家に来て、遺跡は向かうことになった。

 f:id:sorarin320:20161105000205j:image

(2人の身長差がすごい笑。主人公がちいさすぎるのかな?)

 

2人が賢者の像に向かって強く念じると思いが通じたのか神殿の扉が開きました。

f:id:sorarin320:20161105000316j:image

神殿の中には妖精がおり、さらに奥に進むには4聖者の像に何かを捧げなければならないらしい。

グランエスタード城の東にある遺跡で聖者の兜、鎧、盾、剣を集め、聖者のの像に捧げます。

f:id:sorarin320:20161105221508j:image

f:id:sorarin320:20161105221510j:image

すると開かなかった扉が開き、奥へ進めるようになりました。

 

奥へ進むと石版の間が広がっていました。

f:id:sorarin320:20161105221542j:image

(プレステ版では確か自分で一個ずつ石版をパズルのようにはめていった気がするけど、リメイク版では自動ではめてくれるみたいです。)

拾った石版をはめるのですが、まだ1つ足らないので、村へ戻ることに。

 

 

村へ戻るとアミット漁が終わっていたので、ボルカノにあいにいきます。

ボルカノから漁でたまたま取れたものがあるのでもらいました。あの石版でした。

 

残り1つをはめに神殿へ戻る最中に、マリベルに姿を見られた主人公たちはしょうがなく一緒に神殿の中に入っていくのだった。

 f:id:sorarin320:20161105221528j:image

 (ドラクエ7はほんとに初めて戦闘をするまでが長いですねー。)

今回はモンスターに会うことはできませんでしたが、モンスターマスターを目指してどんどん進めていこうと思います!

今回で気になったこと!

キーファの部屋には机の上に食器セットがあるんですが、それがなんとメタルキングをかたどった食器なのです!

f:id:sorarin320:20161105221845j:image

グッズとして地味に欲しいと思いました!